「妊娠が恐怖!不育症女性の思い」に共感、その打開策を探る!

福岡市で不妊専門クリニック 詠田由美医師「妊娠が恐怖 不育症女性の思い」メディア記事から一部抜粋

妊娠はするものの、流産や死産を繰り返す「不育症」。社会的な認知度が低く、専門医も乏しい中、出産前にわが子を失ってしまう当事者は深い悲しみに包まれ、孤立しやすいという。

当事者グループ「不育症そだってねっと」が実施した全国規模のアンケートで、そんな苦悩が浮き彫りになった。
アンケートは不育症に悩む人々の声を社会に届けようと、全国に拠点を持つ同グループが昨年12月~今年4月に実施。インターネット上で23項目を尋ね、367人が回答、当事者たちは希望に満ちた妊娠生活から一転、赤ちゃんとの別れに直面する。

つらかったこと(複数回答)を問うと、「自己嫌悪」が285人(78%)で最多。次いで「出産できた人へのねたみ」「家族への申し訳なさ」などが目立った。

言われてつらかった言葉は「また次頑張ろう」「まだ若いから大丈夫」「何が悪かったの?」「早く元気になって」など。

周囲の励ましが当事者を傷つけかねない状況がうかがえた。

また、夫に求めることとして「流産した子どもを忘れないでほしい」「妊娠が恐怖でしかない。死産したときは『もう子どもはいらない』と言ってほしかった」などが挙がった。わが子への愛着を感じながらも、妊娠すること自体が不安になる複雑な感情がにじむ。

■不育症の定義

「2回以上の流産や死産がある場合を指す。ただし、妊娠検査薬で陽性反応が出ていても、子宮に胎のうを確認できない生化学的流産は回数に含めない」

■不育症になる人の割合

「流産そのものは全妊娠の10~15%の割合で発生するが、2、3回と繰り返す可能性は極めて低く、妊娠を継続できない何らかの原因があると考えられる。正確な数は分かっていないが、毎年妊娠する人のうち数万人に不育症の恐れがあるとされている。

■主な原因

 「最も多いのは受精卵の染色体異常だ。卵子や精子のいずれかで染色体の一部が入れ替わるなどのケースがある。女性の年齢が上がると発生率も上がる。20代で5割、30代で6~7割、40代で9割超の流産は、染色体異常によるも。」

 「このほか、先天性の子宮奇形、黄体ホルモンの分泌が不足する黄体機能不全、甲状腺の機能異常、子宮内膜の血管に血栓ができやすい体質など、さまざまな原因がある。」

 無事に赤ちゃんを出産する方法はあるのか?

「染色体異常の場合、着床前診断で流産する可能性が低い受精卵を選び、体外受精する方法がある。ほかの原因も適切な診断と治療を受ければ、最終的に8割以上が出産に至っている。出産を望むなら、1回の流産でも早めに検査を受けてほしい。」と詠田由美医師が語る。

さて岩崎アンチエイジングメソッドでは、不妊症に限らず自律神経とホルモンの相関性について約20年以上に亘り臨床研究を続けた結果、内科的LLLT(低反応レベルレーザー治療)での婦人科系疾患(骨盤内うっ血症候群など)、不妊症、プレ更年期、無月経の治験や「レーザー活性化治療による不妊治療専門外来」のケースレポート100件から判断すると、流産率の多い時期が3月、6月、10月に集中している点と、この時期は自律神経で交感神経過緊張状態(副腎疲労)になりやすい傾向にあり、いわゆる免疫反応過剰(花粉、ハウスダスト、ダニなどのアレルゲンや正常な細胞に対して異物と判断して攻撃する。)になりやすい点が当院における流産率の多い時期と一致している点に注目している。

また、不妊症の約80%が腹部や下肢に冷えを感じていると言う共通点が初回の問診時に聴取、自律神経による影響で温度調節、末梢循環の血流が安定しないことも間接的に流産率の助長に繋がっていると推測した。

そこで当院では、受精卵の染色体異常で流産の9割を占めるアラフォー、アラフィフ妊活世代においてレーザー活性化治療を約30回(2クール)以上を行ったグループにおいて卵子アンチエイジング(卵子の質向上~採卵~顕微授精および体外受精~受精卵凍結または胚盤胞凍結)成功したケースでは、自律神経が安定しやすい5月と7月~8月に移植を勧めた結果、妊娠率、出産率が他の移植時期と比較して約30%上昇していることが判明した。

不妊治療 (不妊症に対するレーザー活性化治療)

main03

是非、原因がハッキリしない流産、2回連続の流産など不育症で悩んでいるアラフォー妊活女子の方々は、「妊娠が恐怖でしかない。」
から一歩踏み出し、
流産率の高い月に着目され、一年を通じ自律神経を整える、自律神経を安定させることが妊娠、出産の早道ではないかと思います。

レーザー活性化治療における卵子アンチエイジングについての詳細

HOME

新着情報
2022.8.19
初回限定!「電話相談・オンラインカウンセリング」開設について
初回限定!「電話相談・オンラインカウンセリング」開設について ◎アクセス方法 ※(①〜③から1つお選び下さい。) ① 電話相談 (30分無料) ② ZOOMカウンセリング (45分無料) ③ LINEビデオ通話カウンセリング (45分無料) ◎お申込み方法 ① 立川院予約受付  042-529-5123  ※受付時間 10:00〜17:00  (火曜日を除く平日のみ対応) ② お問い合わせフォームからのご予約
2022.2.7
自律神経美容術(フェイステクニック)のご案内
院長岩崎治之は以前美容外科トータルビューティーラボ久保田潤一郎クリニック(東池袋)カイロプラクティック外来開設していた経験をもとに、この度本年4月から自律神経美容術(フェイステクニック)スタート致します! ※当院はペイペイ、LINEペイを導入しています!是非この機会にご利用下さい。
2021.11.22
遠方来院対象 割引制度導入について
当院は東京立川市(JR立川駅南口近郊)で約15年開業しており、ご来院患者様の通院エリアはおもに多摩地区全域、東京23区以外に神奈川・埼玉・千葉県からお越し戴いておりますが、最近では主に頸性神経筋症候群(首こり病)、筋筋膜性疼痛症候群をはじめ慢性上咽頭炎で悩んでいる方々のお問い合わせ、ご来院が急増しています。 また、東日本エリア、一部北日本では北海道、西日本エリアでは名古屋、関西方面からも週末にかけて宿泊を兼ねてのご来院ご希望や当院系列分院などのお問い合わせなどを数多く戴いており、対策など多岐に亘り検討しておりました。 この度、お住まいが関東圏以外で東京立川院に初回ご来院をご検討されている方々を対象に交通費、宿泊費などのご利用目的として初回費用20%相当、また再検費用との合計分(上限1万円)割引制度を導入させていただきます。 なお、下記条件を満たされている対象の患者様はこの機会にお気軽にご相談戴けましたら幸いです。 対象疾患/ 慢性上咽頭炎 、筋筋膜性疼痛症候群、頸筋症候群および頸性神経筋症候群(首こり) 付記※(1) 耳鼻咽喉科でBスポット療法を受けられている方で改善しない方 ※(2) 東京脳神経センターで首こり病と診断後に一定期間通院されても改善されない方 ※(3) その他、自覚所見から疑いのある方 条件 ① 関東圏以外のお住まいの方(ご本人確認のため免許証、健康保険書提示をお願いします。) ② ご勤務先、出張先、出向ならびに単身赴任先が関東圏以外の方 ③ 幼児お子様連れでない方(当院ではキッズルームがありません。)
▲TOPへ戻る