新型コロナ後遺症外来 Bスポット療法(上咽頭擦過療法以外の治療法)

LINEで送る
Pocket

新型コロナウイルス感染症による後遺症として、2020年2月以降、微熱・倦怠感・強い疲労感・しびれ・呼吸苦・頭痛・食欲不振などの症状が長引いたり、出たり消えたりしている方々が世界中で報告されています。

さらに筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)は、少しの労作の後、極端な疲労感そのほかの症状をきたす疾患でSARSのあと、ME/CFSが多発したことが報告されており、新型コロナの感染後にも同様の症状をきたすことが少なくないとの続報があります。

現段階では一部の耳鼻咽喉科によるEAT治療 (上咽頭擦過療法・Bスポット療法)ほか、アミノ酸,プロテイン、BCAA、亜鉛などサプリメント、鍼灸・温灸、高圧酸素療法、呼吸リハビリ等非薬物療法も試してみることが新型コロナ後遺症外来などで推奨されています。

当院では、令和4年11/18より、現代医学で対応、体制化できないコロナ後遺症で日常的に悩まれている方々を対象に低反応レベルレーザー(LLLT)を用いた星状神経節近傍照射による新型コロナ後遺症外来を開設いたしました。

なお、コロナ後遺症は一般的に自律神経失調症、起立性調節障害、慢性疲労症候群、副腎疲労症候群に類似しており、「のどの不調」が長引く場合や後鼻漏、鼻閉などの主症状が特徴である慢性上咽頭炎が続発していることで、上記の上咽頭擦過療法(Bスポット療法)が第一選択肢として推奨されています。

Bスポット療法(イート:EAT)とは消炎剤である塩化亜鉛と言われる薬剤を鼻の奥にある口蓋垂(通称のどちんこ)の後ろの部分である上咽頭(別名:鼻咽腔)と言われる部位に塗布する治療法で、治療後の「ヒリヒリ感が強い」ことや「炎症が強い」ことにより、ヒリヒリとした痛みが持続し、治まるまで時間がかかり、途中でやむを得ず中止される方が結構いらっしゃいます。

また、血の混じった鼻水や痰が出たり、つばがピンク色(つばに血が混じるため)になったりする場合があり、治療後まれに治療をする前より症状が強くなる、頭痛やアトピー性皮膚炎が悪化するケースも報告されています。

■ EAT治療 (上咽頭擦過療法・Bスポット療法)以外の慢性上咽頭炎を含むコロナ後遺症対策

低反応レベルレーザー(LLLT)による星状神経節近傍照射の治験を25年以上に亘り臨床研究してきた結果、自律神経が安定することで、主に慢性上咽頭炎を併発しているコロナ後遺症の不定愁訴が早期に改善される可能性を示唆、岩﨑アンチエイジングメソッド ケースレポートを含む3500症例から期待できます。

慢性上咽頭炎の治験について
※平成18年10月~平成19年4月末の期間において対象者43名に感受性テストを兼ねて行ったところ、主観的評価として70%の有効率(著効または有効)

慢性上咽頭炎に対する局所的効果
① 上咽頭の部分の鼻水などの粘液がサラサラと液状化して、改善してきます。
② 声が鼻腔に響くようになります。
③ 発声に必要な筋肉疲労が改善します。
④ 声帯の微細なコントロールが出来るようになります。
⑤ 声枯れ、かすれ、裏返りなどの症状が改善します。
⑥ 本来の発声の仕方が可能となり発声障害を防ぎます。

■ レーザーによるブロック様効果判定基準
自覚所見
顔面や両手が温かくなりポカポカしてくる。または膨張感を感じる。
からだの心地よいふらつきやふあふあ感がある。

他覚所見
顔面紅潮、まれに眼瞼結膜下充血
皮膚温度計(精度±0.5℃)による治療後 5分経過後測定 皮膚温約3~5℃上昇

対象
① 原則、微熱37℃以下、感染後30日以上経過している方(目安 4~12週)、血液検査、CT、MRI等の精査で異常所見がない方
( 採血、画像検査し器質的疾患を除外すること。)

② 持続性の咳や呼吸苦、味覚・嗅覚障害、局所疼痛、しびれ、脱毛、不安感等といった新型コロナウイルス感染症の後遺症に悩まされる方で、上咽頭擦過療法(Bスポット療法)を勧めれれている方

③ 上咽頭擦過療法の治療後「ヒリヒリ感が強い」ことや「炎症が強い」ことにより、ヒリヒリとした痛みが持続し、治まるまで時間がかかり(平均30~50回)、途中でやむを得ず中止された方、または血の混じった鼻水や痰が出たり、つばがピンク色(つばに血が混じるため)になったりする場合など苦痛を伴う場合

■ コロナ後遺症でよくある症状

長引く微熱(断続的な場合含む)
咳がとまらない、痰が出る、呼吸困難
頭重感、頭が詰まる感じ
頭のほてり、血が上る感じ
胸の違和感・痛み、息苦しさ
思考力・集中力の低下
手足の血管が浮き出る
長引く下痢
物忘れ、記憶障害、PTSD、不眠症、抑うつ、ED
嗅覚・味覚障害
関節痛・筋肉痛
倦怠感、疲労感
腹痛・食欲不振
動悸
立ちくらみ
脱毛、抜け毛
皮疹

コロナ後遺症による慢性上咽頭炎が治らない、さらにブレインフォグなど上記不定愁訴が改善しない場合、さらには、
Bスポット療法(イート:EAT)で効果が得られないケース、この治療法が苦手な方は是非、岩崎アンチエイジングメソッド(東京立川院)にお気軽にお問合せください。

初回限定「電話相談・オンラインカウンセリング」開設について
◎アクセス方法 ※(①〜③から1つお選び下さい。)
① 電話相談 (30分無料)
② ZOOMカウンセリング (45分無料)
③ LINEビデオ通話カウンセリング (45分無料)

◎お申込み方法
① 立川院予約受付  042-529-5123  ※受付時間 10:00〜17:00  (火曜日を除く平日のみ対応)
② お問い合わせフォームからのご予約

■ 院長 岩﨑治之プロフィール
ペインクリニック学会、レーザー治療学会、レーザースポーツ医科学 学会正会員
自律神経機能を改善させるレーザー星状神経節ブロック(レーザー活性化治療による星状神経節近傍照射)については約3500症例に及ぶ臨床研究

メディア関連Youtube動画から一部参照
■ 渋谷ヒラハタクリニックコロナ後遺症専門外来

新型コロナウイルスに関してはまだまだ不明なことが多く、後遺症の治療方法は確立されていません。一般的な症状は時間の経過とともに解消していくこともありますが、完治までの期間もよく分かっていません。

なお、感染後の後遺症としてほとんどの場合、慢性上咽頭炎が併発しているとのコロナ後遺症、ワクチン長期副反応外来を設立した渋谷ヒラハタクリニック 平畑光一院長の臨床データ報告があります。専門は消化器内科で2020年にいち早くコロナ後遺症専門外来設立されました。

2020年からコロナ後遺症の専門外来を設置し、これまでに4000人以上の患者さんを診察しているヒラハタクリニック・平畑光一医師は、1日平均100名、待ち時間4~5時間と言う。食事も摂る暇もなく、午後11時頃に昼食。
またオンライン診療なども含め深夜3時~4時まで診察、寝袋で仮眠して早朝5時に帰宅して風呂だけ入り、再びクリニックに戻る生活が続いているとのこと。

脱毛を除く約7割が上咽頭擦過療法に効果が認められたと2022年5月3日放送 MBSテレビ「よんチャンTV」内『特命取材班スクープ』の取材で語っていた。また後遺症の男女比では女性59%、男性41%との報告であり、男性に比べて1.5倍多いという。

Youtube TBS NEWS DIG powered JNN
「うちだと診察できない…」から一部抜粋

コロナ後遺症難民が急増
医療の受け皿不足の背景に信じがたい理由

コロナ後遺症難民の苦悩
① 相談できる場所が見つからない。
② 病院で分かってもらえない。
③ コロナ後遺症外来の予約が取れない。
⑤ 身体の辛さに加え不安も募る。

現状の問題点・課題
① 確定した治療方法がなく、不定愁訴的なものもあるため治療に悩む。
② そろそろ診療ガイドラインを作成し、かかりつけ医から基幹病院へと紹介する。体制構築を考えていくべき
③ 国全体で窓口を設けるべき

Youtube TBS NEWS DIG powered JNN
「茶碗が持てず味噌汁はストローで」「まさか20代で命の危険を…」から一部抜粋
コロナ後遺症が急増、人生を破壊する厳しすぎる現実

人生を破壊する症状!?コロナ後遺症の現実
コロナ後遺症 3つの危機感
① 症状が深刻、無症状でも発症
② 無理解が患者を追い詰める
③ 今後爆発的に増える可能性

※ 後遺症を防ぐための処置、治療、重症化しないための策は?→ セルフケアとして鼻うがい (ぬるま湯に塩1~2%)

※ 相談者の年代(公立病院における相談窓口から後遺症の年齢別データ)
10代ー1288人 20代ー1288人 30代ー1179人 40代ー1433人 50代ー1123人
60代ー317人 70代ー204人 未回答965人

※渋谷ヒラハタクリニック平畑光一院長のコメント
オミクロン株になってから30代の後遺症が増加しており、体育会系とか、体力に自信があるなど関係ない。
ワクチンを打ったからと言って後遺症が軽くなるとか、後遺症にならないということではない。
デルタ株までは重症化なりずらい、または1~2か月は感染しずらかったということはあった。
海外の論文では1年以内に後遺症が緩解し、一旦はすべて症状が消失した方は15%、85%は1年以上続いている。

■ コロナ後遺症で多い症状
倦怠感、気分の落ち込み、ブレインフォグ、頭痛、息苦しさ、身体の痛み、不眠、動悸、食欲不振
発熱、嗅覚障害、脱毛、味覚障害 ⇒ 自己免疫疾患 ⇒ 自分自身の正常な細胞を攻撃する。

まとめ
・血管内皮での問題、障害
・血栓
・英国のデータからコロナ感染者全体で1割の方が後遺症、そのうち4%が重症化
・日本のコロナ感染症では、デルタ株170万であったが、オミクロン株では700万増加し累計で約850万人となっている。

※ ヒラハタクリニックで全体の8割(3番目に多い症状)ブレインフォグ=「脳に霧」について→自己免疫が関係している。(ブレインフォグほか後遺症が発現するまでの期間 / 1か月未満35% 1か月以上から3か月未満35%)

ブレインフォグの事例
何を聞かれたかすぐ忘れてしまい人に話すのが辛い。
メールなど文章の理解に時間がかかる。(2日くらい徹夜したような感覚)

新着情報
2022.11.21
慢性上咽頭炎を伴う新型コロナ後遺症外来開設へ
当院では、令和4年11/18より、現代医学で対応、体制化できないコロナ後遺症で日常的に悩まれている方々を対象に低反応レベルレーザー(LLLT)を用いた星状神経節近傍照射による新型コロナ後遺症外来を開設いたしました。
2022.8.19
初回限定!「電話相談・オンラインカウンセリング」開設について
初回限定!「電話相談・オンラインカウンセリング」開設について ◎アクセス方法 ※(①〜③から1つお選び下さい。) ① 電話相談 (30分無料) ② ZOOMカウンセリング (45分無料) ③ LINEビデオ通話カウンセリング (45分無料) ◎お申込み方法 ① 立川院予約受付  042-529-5123  ※受付時間 10:00〜17:00  (火曜日を除く平日のみ対応) ② お問い合わせフォームからのご予約
2022.2.7
自律神経美容術(フェイステクニック)のご案内
院長岩崎治之は以前美容外科トータルビューティーラボ久保田潤一郎クリニック(東池袋)カイロプラクティック外来開設していた経験をもとに、この度本年4月から自律神経美容術(フェイステクニック)スタート致します! ※当院はペイペイ、LINEペイを導入しています!是非この機会にご利用下さい。
▲TOPへ戻る