「妊娠が恐怖!不育症女性の思い」に共感、その打開策を探る!

福岡市で不妊専門クリニック 詠田由美医師「妊娠が恐怖 不育症女性の思い」メディア記事から一部抜粋

妊娠はするものの、流産や死産を繰り返す「不育症」。社会的な認知度が低く、専門医も乏しい中、出産前にわが子を失ってしまう当事者は深い悲しみに包まれ、孤立しやすいという。

当事者グループ「不育症そだってねっと」が実施した全国規模のアンケートで、そんな苦悩が浮き彫りになった。
アンケートは不育症に悩む人々の声を社会に届けようと、全国に拠点を持つ同グループが昨年12月~今年4月に実施。インターネット上で23項目を尋ね、367人が回答、当事者たちは希望に満ちた妊娠生活から一転、赤ちゃんとの別れに直面する。

つらかったこと(複数回答)を問うと、「自己嫌悪」が285人(78%)で最多。次いで「出産できた人へのねたみ」「家族への申し訳なさ」などが目立った。

言われてつらかった言葉は「また次頑張ろう」「まだ若いから大丈夫」「何が悪かったの?」「早く元気になって」など。

周囲の励ましが当事者を傷つけかねない状況がうかがえた。

また、夫に求めることとして「流産した子どもを忘れないでほしい」「妊娠が恐怖でしかない。死産したときは『もう子どもはいらない』と言ってほしかった」などが挙がった。わが子への愛着を感じながらも、妊娠すること自体が不安になる複雑な感情がにじむ。

■不育症の定義

「2回以上の流産や死産がある場合を指す。ただし、妊娠検査薬で陽性反応が出ていても、子宮に胎のうを確認できない生化学的流産は回数に含めない」

■不育症になる人の割合

「流産そのものは全妊娠の10~15%の割合で発生するが、2、3回と繰り返す可能性は極めて低く、妊娠を継続できない何らかの原因があると考えられる。正確な数は分かっていないが、毎年妊娠する人のうち数万人に不育症の恐れがあるとされている。

■主な原因

 「最も多いのは受精卵の染色体異常だ。卵子や精子のいずれかで染色体の一部が入れ替わるなどのケースがある。女性の年齢が上がると発生率も上がる。20代で5割、30代で6~7割、40代で9割超の流産は、染色体異常によるも。」

 「このほか、先天性の子宮奇形、黄体ホルモンの分泌が不足する黄体機能不全、甲状腺の機能異常、子宮内膜の血管に血栓ができやすい体質など、さまざまな原因がある。」

 無事に赤ちゃんを出産する方法はあるのか?

「染色体異常の場合、着床前診断で流産する可能性が低い受精卵を選び、体外受精する方法がある。ほかの原因も適切な診断と治療を受ければ、最終的に8割以上が出産に至っている。出産を望むなら、1回の流産でも早めに検査を受けてほしい。」と詠田由美医師が語る。

さて岩崎アンチエイジングメソッドでは、不妊症に限らず自律神経とホルモンの相関性について約20年以上に亘り臨床研究を続けた結果、内科的LLLT(低反応レベルレーザー治療)での婦人科系疾患(骨盤内うっ血症候群など)、不妊症、プレ更年期、無月経の治験や「レーザー活性化治療による不妊治療専門外来」のケースレポート100件から判断すると、流産率の多い時期が3月、6月、10月に集中している点と、この時期は自律神経で交感神経過緊張状態(副腎疲労)になりやすい傾向にあり、いわゆる免疫反応過剰(花粉、ハウスダスト、ダニなどのアレルゲンや正常な細胞に対して異物と判断して攻撃する。)になりやすい点が当院における流産率の多い時期と一致している点に注目している。

また、不妊症の約80%が腹部や下肢に冷えを感じていると言う共通点が初回の問診時に聴取、自律神経による影響で温度調節、末梢循環の血流が安定しないことも間接的に流産率の助長に繋がっていると推測した。

そこで当院では、受精卵の染色体異常で流産の9割を占めるアラフォー、アラフィフ妊活世代においてレーザー活性化治療を約30回(2クール)以上を行ったグループにおいて卵子アンチエイジング(卵子の質向上~採卵~顕微授精および体外受精~受精卵凍結または胚盤胞凍結)成功したケースでは、自律神経が安定しやすい5月と7月~8月に移植を勧めた結果、妊娠率、出産率が他の移植時期と比較して約30%上昇していることが判明した。

不妊治療 (不妊症に対するレーザー活性化治療)

main03

是非、原因がハッキリしない流産、2回連続の流産など不育症で悩んでいるアラフォー妊活女子の方々は、「妊娠が恐怖でしかない。」
から一歩踏み出し、
流産率の高い月に着目され、一年を通じ自律神経を整える、自律神経を安定させることが妊娠、出産の早道ではないかと思います。

レーザー活性化治療における卵子アンチエイジングについての詳細

HOME

女性のライフスタイル変化に伴うホルモンステージと痛みの関連

昔に比べ女性の人生は長くなりライフスタイルが大きく変化、とくに戦後、日本女性の寿命が世界第一位となるなど長寿大国となりました。

また高学歴になり職業をもつようにもなりました。

しかしその反面、出産回数が激減して妊娠や授乳の期間が減ったことで、月経回数が増えたということになります。

このライフスタイルの変化により、昔は一生涯で50回程度しかなかったといわれる月経が500回に増え、平均寿命から言って約35年もの長い閉経後の人生もたらせるようになったということです。

いわゆる、女性ホルモンが関係する健康トラブルも増え、ホルモンステージによってさまざまな痛みが出るというわけです。

たとえば、月経回数が多いことで、子宮内膜症や子宮筋腫のリスクが増えます。

これらは痛みが伴うことが多く、月経のたびに子宮内膜が剥がれ、筋肉が収縮して押し出されることから痛みが起こります。

その他、月経前症候群により腰痛、腹痛、頭痛、乳房痛などの痛みを抱える女性も多く、更年期に入ってからは女性ホルモンのバランスが乱れ、更年期障害として、さまざまな自律神経系の不定愁訴が現れます。

さらに女性ホルモンが低下すると、骨粗しょう症や変形性膝関節症なども増えてくるのです。

つまり男性にはない健康リスクを女性はもっていることを、我々男性側はもっと理解したいものです。

main03

「不妊治療専門外来 開設」ご挨拶

ご挨拶

岩崎アンチエイジングメソッド(岩崎カイロプラクティックオフィス)では、自律神経とホルモンの相関性を重視、約20年間に亘り、レーザー活性化治療3500症例以上の臨床研究を行ってまいりました。

その間、数年前から主にアラフォー既婚女性の無月経・プレ更年期・不妊症に対する 社会問題に対し、性科学側面からの分析、量子力学コーチングと施術、陰陽学的 アプローチなど包括的な医療を取り組んだ結果、30歳代後半から40歳代前半の体外受精(IVF)による妊娠率が平成28年以降の当院ケースレポートにおいて、治療成績が大幅に飛躍致しました。

今回、高度生殖医療の専門クリニックでの不妊治療の土台作りとしてレーザー活性化治療(内科的LLLT)を中心とした当専門外来で、原始卵胞から排卵前の成熟した卵胞に育つまでの期間に、ストレスに影響する自律神経機能をコントロールし、骨盤内血流を安定化、さらに血流改善から生殖細胞を活性化、卵巣刺激をして、できるだけ成熟卵を多く採取できることを目指し、体外受精にトライ、着床成功するためのお手伝いをさせて戴きます。

最後に女性は本来「妊娠する力」を持っていると信じます。 しかし実際は妊活ブログ(関連ワード/不妊、妊活、妊活アカウント、べビ待ち、妊活応援、妊活初心者)をリサーチした結果、① 不安 ② 年齢を考えて焦る気持ち ③ 不妊治療がストレス の声が大半でした。 当専門外来は、妊娠を望まれるそのお気持ちを大切にしたあなたの頑張りを応援したいということを理念に掲げ、この度開設に至りました。 どうか、もう一度赤ちゃんの出来やすいカラダに戻すために、全力で妊活応援いたします。 スタッフ一同ご来院をお持ちしております。

 

HOME

「光治療」でミトコンドリアを増やし卵子を活性化「不妊治療専門外来」開設

この度、妊娠を望まれるそのお気持ちを大切にしたあなたの頑張りを応援したいということを理念に掲げ、高度生殖医療の専門クリニックでの不妊治療の土台作りとしてレーザー活性化治療(内科的LLLT)を中心とした「不妊治療専門外来」を開設致しました。 なお下記専門サイトをご覧戴き、初回トライアル価格(カウンセリング込)でレーザー活性化治療を受けられますので、是非この機会にご検討下さい。 26231605_1662479297150537_3593682803958967555_n

HOME

「妊活」成功のカギは「血流」を上げて副交感神経を安定させること

不妊治療の複数回不成功例では「血流」が妊娠成功のカギを握り、妊娠を困難にしている未熟卵や着床障害においてはある一定期間、血流を安定化した状態にさせることで妊娠率を高めることができます。 自然妊娠や不妊治療での妊娠できるか否かは、良質な受精卵(胚盤胞)ができるかどうかで決まります。 また、良質な受精卵(胚盤胞)ができなければいくら上手に子宮に戻しても妊娠成功とならないことがあります。 妊娠成功の確率を上げるにはレーザー活性化治療(内科的LLLT)で副交感神経を優位にさせ「着床かつ、元気な卵子を育てる」ことです。 レーザー活性化治療で元気な卵子を育て、胚移植が着床成功の鍵となる5日目までに体外で培養できる限界のステージ「胚盤胞」へ到達せることが妊娠率を上げる方法の近道ではないかと思います。

新着情報
2018.1.10
不妊治療専門外来開設について
この度、妊娠を望まれるそのお気持ちを大切にしたあなたの頑張りを応援したいということを理念に掲げ、高度生殖医療の専門クリニックでの不妊治療の土台作りとしてレーザー活性化治療(内科的LLLT)を中心とした「不妊治療専門外来」を開設致しました。 なお下記専門サイトをご覧戴き、初回トライアル価格(カウンセリング込)でレーザー活性化治療を受けられますので、是非この機会にご検討下さい。 https://funin-tokyo.com/
2017.8.21
岩崎アンチエイジングメソッド企画『メスを使わずに若返るアンチエイジング医療』プライベート座談会 のお知らせ

岩崎アンチエイジングメソッドでは、来月9月からの火曜日または月曜日の祝祭日(毎月1~3回予定) 『メスを使わずに若返るアンチエイジング医療』プライベート座談会を、毎回少人数制(2~6名)で、主にアラフォー、アラフィフ女性を対象(参加費無料)に新宿アイランドタワー20F/モバフ新宿アイランド内 ミーティングルームで行います。

■外科系でなく内科的アンチエイジングにご関心のネットユーザーの皆様へ 来月より毎月1~3回開催予定の上記タイトル プライベート座談会にご招待いたします。

※日程、日時、特典(高額特典/期間限定 岩崎アンチエイジングメソッド体験施術プレゼント)については、当院HPお問合せフォームにて必須項目入力後に、こちらから詳細日程などお伝えいたします。なお先着定員になり次第終了いたします。

11156180_877846038964983_3236541786078764940_n 20597362_1514221865309615_3920936960429607460_n

2017.3.9
岩崎アンチエイジングメソッド一般向けセミナー開催のご案内
自律神経を整える!~美ホルモンを手に入れるアンチエイジングセミナー~ 2017/4/18 受付18:30 19:00~21:00 定員100名/参加費2000円(銀行振り込み) ​​新宿アイランドタワー20F/モバフ新宿アイランド セミナールーム 日常生活や人生において悩みを持つ意味、病気になる理由などを「量子力学」と「陰陽学」観点から考察、セミナーを通じて潜在意識を活用、さらには自律神経コントロールからホルモンの活性化に繋げ、魂レベルの選択により「人生を楽に生きる方法」を伝授、関連最新医療情報も紹介いたします。 自律神経とホルモンの相関性から神経伝達活性化の妨げとなる様々な社会的および環境的ストレスを言及、 身体の病気や人生の困難によって感じてくる、または見えてくる新しい氣づきや学びを得るためのセミナーとなっています。 岩崎アンチエイジングメソッド東京立川院では、婦人病や不妊症などで悩んでいるアラフォー世代の女性に、光治療で細胞を若返らせ、もう一度、赤ちゃんの出来やすいカラダに戻すための自然療法に取り組んでいます! 岩崎アンチエイジングメソッド東京立川院では、婦人病や不妊症などで悩んでいるアラフォー世代の女性に、光治療で細胞を若返らせ、もう一度、赤ちゃんの出来やすいカラダに戻すための自然療法に取り組んでいます!
▲TOPへ戻る