咽喉頭異常感症は自律神経が関係している

以前、わたしがオールアバウト プロファイル専門家として質問に回答した内容を
今回はブログで核心的な部分に触れ、潜在意識を洞察し補足したいと思います。

Q

咳と喉の圧迫感で寝られません

5月19日に異常な喉の痛みが

あり寝られませんでした。

風邪だと思いよく行く病院に行きました。風邪自体は治ったのですが、いまだに喉の

圧迫されるような違和感と咳が

止まらず、もう一週間近くまともに寝れていません。

横になると喉の圧迫感が強くなりイライラして寝むれません。

圧迫感は指で喉を強く押されて

いるような感じです。

咳も酷い時では嘔吐してしまい

そうになるくらいむせてしまいます。

病院でレントゲンを撮り診てもらったのですが全く異常が無い

と言われました。

喉が本当に少し赤いくらいだとも言われました。

一体なんなのかわかりません。

困っています。

詳しい方がいましたら教えていただけるとありがたいです。

A

はじめまして、ご質問について

回答いたします。

とくに更年期の女性に多い傾向がありますが、カゼ症状ではないのにノドの異常感を訴える方が増えております。

異物感・狭窄感・圧迫感・腫脹感・腫瘤感・不快感・乾燥感・

熱感など多彩な症状を訴えます。

また夜中にうがいを何回もしたり、咳き込む方もいます。

大抵はまず、耳鼻咽喉科や内科などへ受診して「ポリープ」

「カゼ」ではありません
と診断され経過観察いたします。

どうか現代医療で原因が特定できない場合でもあきらめないでください。

但し、今回のようなケースも顎関節症や抜歯後によくある口腔顔面痛という

身体表現性疼痛障害など心因性が関与している場合もございます。

                                                                                                                                                                                                          
さて…

もう少し潜在意識レベルで、咽喉頭異常感症の本当の原因である

情動的ストレスの部分を補足したいと思います。

このような質問者からの主訴として

「喉の圧迫されるような違和感」

は昨今、非常に増えています。

なお、これらは耳鼻咽喉科、口腔外科などで異常が認められない機能的な疾患で

自律神経が関与している

ことが大半で、現代医学では不得意なカテゴリーとなります。

次に大抵メンタルクリニックを誘導されることが多いので注意が必要です。

メンタルクリニックを受診する前に、インド伝承医学アーユルヴェーダで

チャクラを整えるヨガやエネルギーの法則からチャクラを開き、整える

量子波動調整法やレーザー活性化治療を試すことが第1優先順位ではないかと思います。
(岩崎アンチエイジングメソッド東京・立川院でのご予約を承ります。)
                                                                                                                                        
これは、第5チャクラ(ヴィシュッダ)=喉仏の下が関係しており

「許容」「コミュニケーション」が関係しており、感情面では「陰」の場合には
「後悔」「罪悪感」「深い悲しみ」「憎しみ」などが込み上げてきます。

また喉の違和感、異常感、異物感のほかアレルギー症状、咳、喘息

パニック症状、過呼吸のような所見や

ストレスが長期化した場合は甲状腺機能、扁桃腺、胸腺にも影響を及ぼします。

そして量子力学的なコーチングを受けることもお勧めです。

それは無意識である潜在意識から変性意識

(α波からΘ波に誘導し瞑想状態、催眠状態)

に導かれ、進歩・成長した魂が最終的には潜在意識の

奥底にある集合的無意識にアクセス、バッククランド上で

病気や悩みの題材に対し学びと氣づきが得られることで

根本的な解決に繋がるからです。

頸性神経筋症候群(頸筋症候群)の潜在意識を探る

頸性神経筋症候群とは

(Cevical Neuro Muscular Syndrome)、略して頸筋症候群とも呼ばれます。

首の筋肉(頚筋)の異常により、頭痛、めまい、自律神経失調症が起こる疾患です。

自律神経失調の症状は、肩こり・首こり、動悸、息切れ、手足の冷え、目の疲れ

全身倦怠感、不眠、うつ状態などいわゆる不定愁訴といわれるものが出現いたします。

首の筋肉の異常は、パソコンやスマートフォンなどの急速な普及により

うつむき姿勢を続けることで生じた首の筋肉の緊張による「首こり」から起こり

頭部外傷や外傷性頸部症候群(いわゆるむち打ち症)でも起こります。

すなわち、首の筋肉に過度な負担がかかると、筋肉は疲労して過労状態となり

変性が生じて硬縮が起こり、頚性神経筋症候群の三大症状(頭痛、めまい、自律神経失調症)が現れ、
体調不良となりさらに、この状態が長く続くと、うつ症状(頚性うつ)が現れます。

頸性神経筋症候群 (首こり病)

※ 東京脳神経センター理事長・脳神経外科医の松井孝嘉先生によって提唱され名付けられた症候群で

一向に治らない不定愁訴の患者の首後方にある筋肉に共通の異常を発見したことで命名された疾患群。

略して、一般には首こり病の俗称で知られています。

首の筋肉に過度な負担がかかり首を支える筋肉が過度に緊張し固くなり

現代生活の中では、特に首に負担がかかりやすくなっており

「首こり」状態が慢性的に続くことで症状が現れると考えられています。

さて、ここまでは頸筋症候群の一般的な誘発因子と所見、自覚症状となります。

ここからが本論です。わたしは少々違う観点から考察いたします。

たしかにパソコンやスマートフォンなどの急速な普及も誘因のひとつとして挙げられます。

しかし、潜在意識に何か解決のヒントが隠されています。

患者自身は無意識レベルでメンタルブロック=理性でブロックしていて

マスク(仮面)された状態です。

当然、氣づかないことがほとんどですので…自覚症状だけを追い

詰め主訴を我々専門家にぶつけます。

また、術者(専門家)も残念ながらその正体を見破ることが出来ず

患者の言動に振り回され対症療法のみで対応しようとすることがほとんどです。

岩崎アンチエイジングメソッドでは、頸筋性症候群および筋筋膜性疼痛症候群の臨床研究を17年以上リサーチしており

3500件以上のケースレポートから快楽ホルモンを促す上部頸椎ストレス解放テクニックを平成21年に開発

平成29年に改良し、量子波動調整法によるチャクラ(プラスの氣エネルギーが入る

経絡)を開くアプローチ法と量子力学コーチングで潜在意識から変性意識(α波からΘ波に誘導し瞑想状態、催眠状態)

に導き、最終的には潜在意識の奥底にある集合的無意識にアクセスできる東洋哲学、または経典とマントラを伝授

バッククランド上で病気や悩みの題材に対し、学びと氣づきが得られることで根本的な解決に繋げます。

IMG_0226

多汗症(精神性発汗)は自律神経が関係している

多汗症の精神性発汗に関しては自律神経が関与している可能性が高く

レーザー星状神経節近傍照射でもブロック様類似の効果は期待できますが、一時的な効果に過ぎないと言えます。

やはり、昨今は量子力学的な考察または、エネルギーの法則として
その多汗症やパニック障害、過呼吸、振戦(ふるえ)、器質的要因を除外した機能的要因のけいれん発作の原因は

何かしら幼少期に受けた情動体験が潜在意識に刷り込まれて
大人になってからの新たなストレスが契機となり過去の記憶が連動し、甦るのではと推測しています。

根本的な解決は潜在意識の奥底にある個人的無意識の領域に

*変性意識
(アルファ波からシータ波)=瞑想~催眠状態に近い状態アプローチする必要があり、目に見えない

ミクロの世界を信じ感情チャクラを量子波動調整することで幼少期における
PTSD(心的外傷後ストレス障害)を一端は受容することができる

そして理性で抑えているメンタルブロックを外すことで
精神性発汗による多汗症が軽減、消失すると確信いたします。

新着情報
2022.8.19
初回限定!「電話相談・オンラインカウンセリング」開設について
初回限定!「電話相談・オンラインカウンセリング」開設について ◎アクセス方法 ※(①〜③から1つお選び下さい。) ① 電話相談 (30分無料) ② ZOOMカウンセリング (45分無料) ③ LINEビデオ通話カウンセリング (45分無料) ◎お申込み方法 ① 立川院予約受付  042-529-5123  ※受付時間 10:00〜17:00  (火曜日を除く平日のみ対応) ② お問い合わせフォームからのご予約
2022.2.7
自律神経美容術(フェイステクニック)のご案内
院長岩崎治之は以前美容外科トータルビューティーラボ久保田潤一郎クリニック(東池袋)カイロプラクティック外来開設していた経験をもとに、この度本年4月から自律神経美容術(フェイステクニック)スタート致します! ※当院はペイペイ、LINEペイを導入しています!是非この機会にご利用下さい。
2021.11.22
遠方来院対象 割引制度導入について
当院は東京立川市(JR立川駅南口近郊)で約15年開業しており、ご来院患者様の通院エリアはおもに多摩地区全域、東京23区以外に神奈川・埼玉・千葉県からお越し戴いておりますが、最近では主に頸性神経筋症候群(首こり病)、筋筋膜性疼痛症候群をはじめ慢性上咽頭炎で悩んでいる方々のお問い合わせ、ご来院が急増しています。 また、東日本エリア、一部北日本では北海道、西日本エリアでは名古屋、関西方面からも週末にかけて宿泊を兼ねてのご来院ご希望や当院系列分院などのお問い合わせなどを数多く戴いており、対策など多岐に亘り検討しておりました。 この度、お住まいが関東圏以外で東京立川院に初回ご来院をご検討されている方々を対象に交通費、宿泊費などのご利用目的として初回費用20%相当、また再検費用との合計分(上限1万円)割引制度を導入させていただきます。 なお、下記条件を満たされている対象の患者様はこの機会にお気軽にご相談戴けましたら幸いです。 対象疾患/ 慢性上咽頭炎 、筋筋膜性疼痛症候群、頸筋症候群および頸性神経筋症候群(首こり) 付記※(1) 耳鼻咽喉科でBスポット療法を受けられている方で改善しない方 ※(2) 東京脳神経センターで首こり病と診断後に一定期間通院されても改善されない方 ※(3) その他、自覚所見から疑いのある方 条件 ① 関東圏以外のお住まいの方(ご本人確認のため免許証、健康保険書提示をお願いします。) ② ご勤務先、出張先、出向ならびに単身赴任先が関東圏以外の方 ③ 幼児お子様連れでない方(当院ではキッズルームがありません。)
▲TOPへ戻る