肩こり

LINEで送る
Pocket

「肩こりの真犯人とは」

「最近肩こりが酷くて」という会話・・・
何処にでも頻繁に飛交う言葉ですが、実はいろいろな原因が複合しています。

まず「肩こり」「寝違い」とか「五十肩」とか素人用語としてよく使われますが専門用語としてこれらは「頸部筋結合織炎」「急性疼痛性頸部拘縮」「肩関節周囲炎」といいます。

しかし実際の多くは「肩こり」はストレスなどが関与して自律神経系が乱れ、内蔵機能低下を招き関連痛として投射される、いわゆるトリガーポイントという過敏点や痛点が筋硬結や筋緊張という形で多くは出現いたします。

関連記事

天気痛とは、痛みと自律神経が関連する!

外傷性頸部症候群 と筋筋膜性疼痛症候群について

最近では頚性神経筋症候群(頚筋症候群)というVDT作業が誘因、非定型うつ病で新型うつ(軽症うつ)=気分変調を伴うタイプものが急増しています。

ですから、いくらマッサージをしても一時的に癒されるだけで解決しないのがほとんどです。まだスイミングやストレッチ、ヨガなど呼吸法=腹式呼吸を取り入れた方が無難です。

当院では、いつも肩こりを感じていた方が「最近、肩凝らなくなった」という患者さまの身体を拝見すると、大抵は初回来院の時と筋硬結はさほど変化していないケースも多々あるので、たぶん脳が肩こりを感じさせなくなったということではないかと結論づけました。

またマッサージ依存型の方でもマッサージを受けなくても入られるようになります。

ようするにいかにさまざまな複合ストレスに対して「ストレス解放」を補完代替医療を通じ左脳から右脳に共鳴させるかが鍵となります。

わたしはその鍵となる脳に共鳴させる振動数(周波数)と刺激を入力するポイントが日常臨床ノートから判明いたしました。

「上部頸椎ストレス解放テクニック」とは

上部頸椎カイロプラクティックの哲学、科学、芸術を現代版に応用し研究開発いたしました。

このテクニックは急性ストレスについてはほぼ70%の確率で解放できます。慢性ストレスは50%の確率で一時的もしくは1~2週間程度は解放できます。

なお解放できる時間や期間はストレスの強弱、性格気質で差が生じます。

また解放後の右脳トレーニングなどで持続時間が変化いたします。

ちなみに自傷行為やうつ病など自殺願望の方、その他精神疾患については専門医による薬物療法の減量、カウンセリングはいうまでもありません。

ただし医原病、交通事故によるむち打ち損傷にありがちな被害者意識、スト-カー行為やDV、セクハラ被害で恐怖・葛藤・心配・不安・怒り・憎しみなどの情動体験かつ心的外傷後ストレス症候群、パニック症候群の方は試すべき価値があると考えます。

最近、頚性神経筋症候群(頚筋症候群)または
「新型うつ病=軽症うつ」が若い方を中心に増加していますが、携帯電話やゲームの普及など電磁波の影響が一部含まれているのではないかと臨床上で推測いたします。

このテクニックは現段階では解放直後(矯正後)に脳波計によるアルファ波、シータ波の優勢脳波出現率が有意に上昇することが統計学的に証明されました。

今後は他の療法との比較対照試験やドーパミンやセロトニン、β-エンドルフィンなどの神経伝達物質の分泌増加等を血中濃度レベルで測定しなければならないと思います。

そうは言っても、臨床上は1000件に及ぶケースレポートから約2週間は陶酔感、高揚感、多幸感が得られやすくなりますので、まずは毎月10名限定のお試し施術を受けて戴きたいと思います。
12974270_1075548072510332_536178455471087120_n
17757443_1393287270736409_2967663179104184896_n

最新情報
iq_header
脳報酬系ホルモンを促す「上部頸椎ストレス解放テクニック」
「量子力学」×「陰陽学」をシンクロさせたアプローチ法で、快楽ホルモンであるドーパミン分泌(多幸感・高揚感・陶酔感)を促すアプローチ法を完成させました。

さらに2020年東京オリンピックを視野に入れ(写真下)IQimpulse 日本代表インストラクターの岩崎治之(岩崎アンチエイジングメソッド)が次世代アジャスター / IQimpulse 特許技術であるオートセンステクノロジー(コンピューターと動作感知センサー内蔵)搭載、コンパクト設計を関連企業 2社で普及させる方向性で現在調整しております。

関連記事
ミュージシャン・芸能人から人気のニンニク注射より効果持続性が得られる脳報酬系ホルモンを促す『上部頸椎ストレス解放テクニック』
ビタミンB1とグリコーゲンの成分が含まれている静脈注射「にんにく注射」 は 疲労回復にはもってこいの即効性のあるビタミン注射の1種 で 芸能人やタレント、スポーツ選手にも大人気 でしたが、 ドーピング問題をはじめ、疲労回復 など効果持続性は4~5日程度と言われています。
岩崎アンチエイジングメソッドが開発した「上部頸椎ストレス解放テクニック」の効果(疼痛コントロール、コンディション維持、パフォーマンス向上など)は平均で2週間持続していることが約1000件に及ぶケースレポートから判明しています。
脳報酬系ホルモンを促す「上部頸椎ストレス解放テクニック」
「量子力学」×「陰陽学」をシンクロさせたアプローチ法で、快楽ホルモンであるドーパミン分泌(多幸感・高揚感・陶酔感)を促すアプローチ法を完成させました。

10404332_776134659118343_5596839535523003111_n

12250182_988945341170606_6187578203869168590_n

10923227_844038539012400_3407664622236837266_n

新着情報
2017.3.9
岩崎アンチエイジングメソッド一般向けセミナー開催のご案内
自律神経を整える!~美ホルモンを手に入れるアンチエイジングセミナー~ 2017/4/18 受付18:30 19:00~21:00 定員100名/参加費2000円(銀行振り込み) ​​新宿アイランドタワー20F/モバフ新宿アイランド セミナールーム 日常生活や人生において悩みを持つ意味、病気になる理由などを「量子力学」と「陰陽学」観点から考察、セミナーを通じて潜在意識を活用、さらには自律神経コントロールからホルモンの活性化に繋げ、魂レベルの選択により「人生を楽に生きる方法」を伝授、関連最新医療情報も紹介いたします。 自律神経とホルモンの相関性から神経伝達活性化の妨げとなる様々な社会的および環境的ストレスを言及、 身体の病気や人生の困難によって感じてくる、または見えてくる新しい氣づきや学びを得るためのセミナーとなっています。 岩崎アンチエイジングメソッド東京立川院では、婦人病や不妊症などで悩んでいるアラフォー世代の女性に、光治療で細胞を若返らせ、もう一度、赤ちゃんの出来やすいカラダに戻すための自然療法に取り組んでいます! 岩崎アンチエイジングメソッド東京立川院では、婦人病や不妊症などで悩んでいるアラフォー世代の女性に、光治療で細胞を若返らせ、もう一度、赤ちゃんの出来やすいカラダに戻すための自然療法に取り組んでいます!
2016.5.16
CIA 脊椎アジャストメント認定コース 日本代表インストラクター就任

この度、岩崎アンチエイジングメソッド(岩崎治之) は、CIA脊椎アジャストメント認定コース / 日本代表インストラクターに指名されました。 概要 世界10,000を超えるカイロプラクティック クリニック(施設)で使用されているインパルス アジャストメントシステム(インパルスIQ)が日本初上陸! 2016/ 6/11~12 第1回 CIA 脊椎アジャストメント認定コースが東京・港区 ベルサール三田で開催されます。 なお、従来のコンピューターアジャスター及び手動式アジャスターと比較して、100倍のスピード、最大400ニュートンの加圧を実現、椎関関節や軟部組織に対しストローク(移動量が大きい)が深いので、脊椎疾患をはじめ、筋筋膜性疼痛症候群など筋骨格性疼痛疾患へのさらなる効果、症状改善が期待できます。 今後国内において有資格者を中心にスポーツ医学への応用、特許技術であるオートセンステクノロジー(コンピューターと動作感知センサー内蔵)搭載、コンパクト設計となり、東京オリンピック 日本代表の選手村、芸能人やミュージシャン ライブツアー帯同、楽屋でのコンディショニングサポートなども可能となり、岩崎アンチエイジングメソッドを中心に国内市場へ普及促進させる運びとなりました。

13267879_1101937413204731_2067391908811492431_n

2014.8.22
アラサ―&アラフォー世代「不妊症対策」
岩崎アンチエイジングメソッド東京立川院では内科的レーザー治療(LLLT)による不妊治療に用いる波長・光出力のレーザー機器(LLLT)3種類と近赤外線治療器(キセノン光、スーパーライザー)を取り揃えております。 また次世代カイロプラクティック「上部頸椎ストレス解放テクニック」で脳報酬系ホルモンの分泌促進させてから、LLLTによるレーザー星状神経節近傍照射と漢方医学「中院」にキセノン光を照射し視床下部―脳下垂体―卵巣へと脳からの指令で分泌される女性ホルモンを促します! ①ホルモンのアンバランスが改善 ②子宮や卵巣の血流が増える ③子宮内膜が厚くなる ④妊娠しやすい体にし、質のいい卵をつくる ⑤生理周期が安定する、生理が再開する ⑥肩こり・頭痛・冷え性・浮腫・便秘・生理痛・腰痛などが改善する ⑦のぼせ・動悸・息切れなどの更年期障害や骨粗しょう症の予防となる 日本レーザーリプロダクション学会 理事長/大城クリニック院長 大城俊夫 医学博士 著 レーザー活性化治療『驚きの妊娠率』 Part4「子宮を若くするレーザー活性化治療」P51 表8 一部引用 ※参考 当院臨床データによる不妊治療成績(LLLT15回) ホルモン値:排卵期のFSHが平均6~10mlu/ml、排卵後の子宮内膜の厚み平均8mm以上、卵子の質改善を含め、妊娠率が42歳以下であれば5~15%増加いたします。またプレ更年期の方で6か月未満の無月経や生理不順は80%の確率で生理再開します
▲TOPへ戻る